So-net無料ブログ作成

商品があっても買えない店

ちょっと前のことになりますが、やっと怒りが収まってきたので。
約1ヶ月ぶりに名古屋に買い物に行くことに。
名古屋では数少ない駅前で交通の便の良い大型電器店(と言っても、名古屋の駅裏まで出るのにかなり時間がかかってしまうのですが…)ビックカメラに買い物に行ったんですよ。

そうしたら買おうとしていたものの一つ、USB延長カールケーブルが、どうやっても手が届かない天井近くの壁に吊るして陳列してあるのを発見。
店内を探しても踏み台みたいな物も用意されて無く、店員を呼ぼうにも見当たらないし、レジに行っても行列相手にレジ打っている一人しか居ない!
走っていた店員に何回か声かけるものの無視される始末…
商品があっても買えない店、それがビックカメラ名古屋店!(怒)

まず商品は客の手に届かないところに置かない、やむを得ず高いところに陳列する時は踏み台などを用意する、店員が少ないなら番号札などを発行して順番に対応するなどの最低限の対応をして欲しいものですね。

もう頭来たので矢場町の「ヤマダ電機デジタルスタイリッシュ館」に行ってみるとなんとつぶれていました。
ここの店員は商品知識が無く大嘘つきでしたが、電話機やビデオカメラ、デジカメ、テープレコーダー、ビデオテープなど他店で在庫の無いものが置いてあり、夜も案外遅くまで営業していて、意外と利用していただけに残念でした。
(と、いうか他に大きな家電店が無いし…)

文化レベルが下がり、CDや本すらろくに買えなくなった名古屋。
とうとう家電すら店頭で買えなくなりそうです・・・