So-net無料ブログ作成

立山黒部アルペンルート(2日目)~弥陀ヶ原散策~山を降りて帰る。 [トラベル・イベント]

 立山黒部アルペンルート(2日目)

2011年9月11日(日) 
0弥陀ヶ原部屋から.jpg
弥陀ヶ原ホテルの部屋からの夜明け。

02弥陀ヶ原朝のホテル.jpg
朝5:00頃、散策に行くことに。

03弥陀ヶ原夜明け.jpg

04弥陀ヶ原案内.jpg
「お散歩感覚で手軽に行ける」という立山カルデラ展望台へ。
「ははは、朝飯前にはちょうど良いではないか!」と気軽にスタートしたのですが…

05弥陀ヶ原みち.jpg
朝露で濡れた植物で道が見えなくなってるし、起伏も多くめっちゃ悪路じゃないすっか!
撥水性抜群のトレッキングパンツとウィンドブレーカーが大活躍!

06弥陀ヶ原カルデラ展望台.jpg
息を切らしながら、展望台に到着。

06a弥陀ヶ原カルデラ展望台.jpg

07弥陀ヶ原カルデラ.jpg
展望台からもう少し階段で上がれるようになっていて、そこから早朝のカルデラが一望!!

08弥陀ヶ原.jpg
鳥の声に耳を澄ませながら戻ってくる。
まだまだ朝食まで時間があるので弥陀ヶ原周遊コースにも行きましょう。

09弥陀ヶ原.jpg
山の上に一泊する人はぜひ早起きして早朝の景色を楽しみましょうよ。
光線加減で立体感など表情がまるで違うぞ。
途中、濡れた木道で滑って転倒、後頭部を木道に強打したり、同行者が突然大きなお便りを出したくなりホテルのトイレにダッシュしたりのトラブルもありましたが、雄大な山の風景を充分楽しみ、程良い疲労感が…

10弥陀ヶ原.jpg

12弥陀ヶ原地図.jpg
って、 標準コースの半分も歩いてないじゃん!

13弥陀ヶ原レストラン.jpg
ホテルに戻り、バイキング形式朝食。レストランからの景色も最高。
もう一度、入浴に行くと、こちらも景色が良く貸切状態で贅沢気分。
フロントにバスの予約をしてから、部屋に戻り、荷物をまとめ出発準備。
チェックアウト後、時間までラウンジで一杯¥700のコーヒーを飲んでのんびりすることに。

14弥陀ヶ原バス乗車.jpg
10:15
立山高原バス乗車。
あとは山を下りて帰るだけなので、少し寂しい気分。
しかし、まだアルペンルート最後の乗り物、立山ケーブルカーが残っているぞ。
あ、高原バスや最初の信濃大町-扇沢間の路線バスは下に荷物を入れることが出来るので、荷物が多い人はお願いしよう。

15高原バスカーブ.jpg

16高原バスカーブ.jpg
今更ながら、このバスが全席着席であるわけを知る。
急カーブの連続で、とても立っていられませんよ。
途中、称名滝が見れる場所で徐行してくれるので、見たい人は右側に座ると良いでしょう。

17美女平展望台.jpg
10:50
美女平着
バス降りた人々がケーブルカーのりばに流れるなか、お約束となった屋上展望台へ。

18ケーブルカー.jpg
ケーブルカーを一回見送り。

19ケーブルカー.jpg
11:20
乗り場へ行き、アルペンルート最後の乗り物、立山ケーブルカーに乗車。

21ケーブルカー.jpg
客車の前に荷台があるのが特徴だそうです。

22ケーブルカー.jpg
まるで動く階段ですね。

23立山売店.jpg
11:27
立山到着、いきなり蒸し暑くなる。
ここで土産を購入して、カルデラ砂防博物館を見学。
称名滝までのバスが乗れる書類も付いてましたが、時間もなく、バス停から滝まで徒歩で片道45分ほどかかるそうなので、今回はスルーしました。

24立山昼食.jpg
昼食は白えびかきあげ定食。
ここも券売機で食券買うとそのままオーダーが入るシステム。

25立山駅.jpg
13:29
富山地方電鉄の駅へ行き乗車。
観光センターにもらった書類を改札に見せて入り、電鉄富山駅改札で回収。
てっきり窓口できっぷと引き換えだと思っていたので、少し驚く。

26電鉄富山.jpg
14:27
電車はガタガタとのんびり走り、約1時間で電鉄富山駅に到着。

27電鉄富山.jpg

27a富山街.JPG
いきなり久しぶりの街中。
帰りのしらさぎまで少々時間があったので、ショッピングビルで書店などを見たり、喫茶店で「バナナとあんこの春巻き」とやらを食べながら休憩。
それにしても蒸し暑い!

28富山駅.jpg
JR富山駅
これから3時間半電車の乗る事になるので、一応弁当とお茶を買っておく。
容器が魅力のかに弁当を買おうと思って並んでいたら直前で売り切れだと!!

29しらさぎ.jpg
16:11
しらさぎ14号乗車
車内に自販機がなく、車内販売のみなので注意!!

30しらさぎ.jpg

31しらさぎ.jpg

32なごや.jpg
19:46
途中、米原で進行方向を変え名古屋に到着。
3時間半の乗車は結構苦行では?と思いましたが、前半明るいうちは景色も楽しめ、半分寝ていたこともあり、快適でした。

今回は天気も恵まれ(この前の週は台風12号、次の週は台風15号接近の影響と、まさに奇跡的でした!)よかったです。
乗り物を乗り継いで気軽に標高2,450mの高みに行けるアルペンルート、展望台などに行くには結構階段を昇り降りするので注意。
あと、少しでも歩きまわりたいという人は初心者コースでも山道の起伏と勾配(特に下り)を舐めないように。

ずっと行ってみたかった黒部ダムの先、標高2,000mを超える世界に行けて満足でしたが、一度行ってなんとなく理解すると、様々なプランが思いつきます。
今回、最高所の室堂での時間があまりにも少なかったし、雪山や紅葉も見てみたい。
少しずつ勢力を伸ばし、いつかは標高3,000mの雄山にも挑戦したい。
今回は2日目が帰るだけであまりにもテンションが下がったので最後に目玉が欲しい。
次回行くなら、奮発して最高所の室堂に泊り夕・夜・早朝をゆっくり楽しみ、コースも扇沢→室堂→扇沢の贅沢往復コースで、さらに行きのしなのも展望席をとるのが理想的プラン。
または同じツアーで逆コース、1日目に室堂まで行って、実費で弥陀ヶ原に戻る、2日目は早朝から再び室堂へ行き黒部ダムへ下りて行くプランも良いかも。
紅葉時期などピーク時には室堂直通のバスもあるみたいなので調べてみなくては。

注意点と反省点
・防雨にも防寒具にもなる撥水透湿のウインドブレーカーとしっかりしたトレッキングシューズ、厚手の靴下、帽子、両手が空くしっかりしたリュック、そしてゴミ袋は必帯。首からかけるチケットホルダーがあると便利かも?
リュックは背面部にA4程度の書類が出し入れしやすいものがオススメ。
できれば撥水透湿伸縮性がある動き易いトレッキング用ズボンもあるとベスト。
ウインドブレーカーやシューズは普段でも使用できるので奮発して良いものを選びましょう。

・アルペンルートの乗り物の乗車時間は長くてもせいぜい15分。
無理に席を取ろうと思わず、できるだけ前面の景色が見えるポジションを確保しよう。
地下を走るトロリーバスや地下ケーブルカーでも迫力ある光景が見れます。

・携帯はほとんど圏外なので、モバイルブースターや充電器などの重装備は全く不要。心配なら予備バッテリー1個か小型充電器でもあれば充分。

・山のスケールの前では8倍程度の双眼鏡を持って行ってもほとんど役に立ちません。
10倍くらいのズームレンズ搭載のデジカメのほうが手ぶれ補正や記録もできるので役に立ちます。

・土産などは各地・各駅で結構売っているものが違うので、気になったら即買うか往復コースで。

・荷物が重くなったら、室堂ターミナルなどのコインロッカーを利用して身軽になって歩こう。

・星空を見たい人は、できるだけ月が暗い時期を選ぶと良い。
たとえ天気が悪くても、雲の上に出たり、夜になったら雲が無くなる可能性もあるので諦めない。
撮影するなら無理してでもしっかりした三脚とリモコンを用意して手ぶれ対策を。
事前にホテルに送っておいても良いかも知れないですね。
そんなところで、また何か思い出したら書き足しておきます。


立山黒部アルペンルート(1日目)~ダムを越えて更なる高みへ~ [トラベル・イベント]

立山黒部アルペンルート(1日目)

かなり以前に黒部ダムまで行ったことがあり、一度その先に行ってみたいと思っていたアルペンルート。
何気なく旅行センターのパンフ見ていたら、夏休みが終わり紅葉の時期に入る前の9月上旬が3万7千円ほどで意外に安い!(9月下旬になると5万円以上!!)
2名からなので知人を無理やり誘って申し込むことににしました。
団体だと自由に動けないし、土日しか連休が取れないので、二日間の個人プランを選択。
交通費と宿泊がパックになっていて、行き帰りの特急の時間をあらかじめ決めておいて、あとは勝手に行ってらっしゃい!というプラン。
特急時間はあとからは一切変更はできないそうです。
どうせ行くならアルペンルート途中の標高は高いところに一泊したいので、弥陀ヶ原に一泊するコースで。
申し込み時に「逆コースも出来ますよ」と言われましたが、長野県側から入る正統派(?)コースを選択。
あとでネットで調べたら「乗り物が4時間待ちになることも」との報告もあり、富山側から入り1日目は弥陀ヶ原まで行って、2日目早朝から行動開始できる逆コースのほうが空いていて良かったのでは?とちょっと心配に。

後日、旅行センターから連絡があり、JR往復チケットと現地でチケットに引き換えたり、バス乗務員や電車改札に提出するA4書類数枚、宿泊先やアルペンルートのパンフレット類などを受け取り説明を聞く。
しっかりしたリュックやトレッキングシューズ、ウィンドブレーカー、カメラの予備バッテリーやSDカードなど装備を揃えるのに意外に金がかかってしまいました。

01しなの.jpg
2011年9月10日(土)
7:00 名古屋発ワイドビューしなの乗車
駅中の売店やコンビニは7:00開店のところが多く、弁当などを買う店を探すのに苦労。

02しなの車窓.jpg
景色は次第に山のなかに。
のんびり車内販売の300円のホットコーヒーを飲んだり。
結構電車が揺れるんだけど、飲み口のあるフタ付きカップがいつ熱いコーヒーが出てくるか分からず怖くて飲めない。仕方なくふたを取ってダイレクトに。
トイレに行くときにグリーン車を覗いたら、大迫力の前面展望!うまやらし~!

03松本で乗り換え.jpg
9:12 松本駅に到着、大糸線に乗り換え。
4分間しかないのでダッシュで6番線に。
この乗り換えに失敗すると、約1時間の大きな致命的タイムロスになってしまうのだ。

04大糸線車内.jpg
車内は予想外に混み合っていて、約1時間座ることができず。

05信濃大町1.jpg
10:06
アルペンルートの玄関、JR信濃大町駅に到着。
ここで電車内で行う予定だったカメラや書類をスタンバイ。

06信濃大町バス停.jpg
扇沢行き路線バスのりば。

07信濃大町路線バス.jpg
10:30
路線バスに乗車。
観光センターにもらった書類は降りる時に運転手に渡すそうだ。

08路線バス車内.jpg
路線バスは観光バスみたいな感じでした。

09扇沢.jpg
11:10
扇沢到着。
すでにけっこうな景色!
窓口で書類をバーコードが印刷されたアルペンルート共通チケットに引き換え。
チケットホルダーを持ってくれば良かった!

チケット.jpg

10扇沢トロリーのりば.jpg
帽子を忘れたので買ったりしていたら、長蛇の列が!!
注意点を説明している途中で突然「お弁当はいかがですか?」と言われお客さん一同大笑い。
さすが関西電力の人、おもろいわ。

11トロリー車窓.jpg
11:30
タイヤで走る電車、トロリーバス発車。
猿がうろうろしている地上からトンネルに入り爆走。
バスは4台でした。

12黒部トロリ到着.jpg
11:46 標高1470m 黒部ダム到着。

13黒部入口.jpg
今回は黒部ダムはあくまで通過点、
ここでは展望台には行かずに昼食のためレストハウスに。

14自販機は150円.jpg
この時点で自販機の価格は150円!
まあ一般的な観光地価格ですな。

15黒部ダム.jpg
冷蔵庫のように涼しい(ちゅうか寒いくらい)トンネルを抜けて、黒部ダムに!
この山の景色見たら、先に行きたくなるのが良く理解できる。
そう、今回はその先に行くのだ。
やっぱり、長野側から入るのがテンションあがって正解ですね!

16黒部レストメニュー.jpg

17黒部カレー.jpg
12:00頃
レストハウスで有名な「黒部ダムカレー」で昼食。
グリーンカレーなのがわかるかな?
ダム湖イメージしてスープがグリーンの黒部ダムラーメンも気になる。
券売機で食券買うとそのままオーダーが入り、食券に書かれた番号が呼ばれたらとりに行くシステム。
食券コレクター(?)泣かせです。

19黒部地下道.jpg
ダムを渡り、トンネルを通って…

18黒部湖駅.jpg
黒部湖駅で黒部地下ケーブルカーに…

20つり橋ダムから.jpg
…と、その前に脇道トンネルを通ってダムから見えて気になっていたつり橋に行ってみることに。

21つり橋.jpg
手持ちのガイドブックにも紹介されていないこの橋、かんぱ谷橋と言ってこの先にロッジとかあるみたいですね。

22再び黒部湖.jpg
再びトンネルを抜け、まるで極秘研究施設のような黒部湖駅に。

23黒部湖.ケーブルカーのりば.jpg
UFOとか格納されていそう…

24黒部湖ケーブルカーのりば.jpg
14:00
黒部ケーブルカー乗車。

25ケーブルカー車内.jpg
まるで動く急階段!めちゃくちゃ急勾配です。

26ケーブルカー車窓.jpg
地下と侮るなかれ、急勾配をぐんぐん進む車窓も大迫力!

27黒部平ケーブルカー.jpg
14:05
標高1,828m 黒部平に到着。

28黒部平屋上展望台へ.jpg
ケーブルカーを降りた人々がロープウェイのりばに流れるなか、我々は流れに逆らって屋上展望台へ。

29黒部平屋上展望台.jpg
うぉぉ、貸切状態じゃないか!!

30黒部平展望台よりの黒部湖.jpg
ふぁははははは!
黒部湖があんなに小さいぞ!!
しばらく景色と涼しさと鳥の声を満喫。
マットとか持ってたらのんびり昼寝していたい気分。

31黒部平展望台よりの風景.jpg

32黒部平展望台よりのロープウェイ.jpg
途中に支柱がまったく無いぞロープウェイ!
今度はコレに乗って更なる高みを目指すのだ!

33.黒部平ロープウェイ整理券.jpg
混雑時にはケーブルカー乗車時にロープウェイ整理券を配布してロープウェイの順番待ちをするみたいです。

34黒部平ロープウェイのりば.jpg
14:40
立山ロープウェイ乗車。

35ロープウェイ車窓.jpg

36ロープウェイ車窓.jpg
支柱がないので、支柱を通るときのガタガタガタというあの振動がないのが素晴らしい。

37大観峰ロープウェイ.jpg

38大観峰.jpg
14:47
標高2,316m 大観峰到着

39大観峰展望台.jpg
とりあえずお約束の屋上展望台へ。

40大観峰展望台.jpg
ふぁははははは!高い!高いぞ!

41大観峰売店.jpg
売店奥にある味覚コーナーでイカだんごや白エビだんごを食べながら、ちょっと休憩。

42大観峰トロリーのりば.jpg

43大観峰トロリーのりば.jpg
最も標高が高い室堂まであと一歩!トロリーバスのりばへ。

44トロリーバス車内.jpg
15:15
立山トンネルトロリーバス乗車。

45トロリー室堂着.jpg
15:25
遂に標高2,450m 室堂到着!

46交尾.jpg

47自販機は200円.jpg
自販機の販売価格は200円に!
まぁ、輸送費考えれば納得です。

48室堂.jpg
遂に標高2,450mの世界に!!

49みくりが池.jpg
大きさがよくわかりませんが左上に見えるのがみくりが池温泉の建物です!
みくりが池展望台まで行き、時間があればみくりが池周遊コースや地獄谷周遊コースにまで足を伸ばす計画でしたが、みくりが池が見えるところまで行って満足してしまった。
まるで人類を拒否するかのように(って歩道作ってあるじゃん!)意外に起伏が大きくて歩きにくいのだ!完全に山道なめてました。
雲が多く、夜がちょっと心配に。

50室堂バスのりば.jpg
17:00の最終バスに乗れないと宿に辿り着けなくなるので早めに高原バスのりばに。
予約が必要で全席着席、弥陀ヶ原に停車する便は並ぶ列が異なるので注意。
結局、後で考えたら室堂に居たのは1時間ほど、ちともったいない。

51高原バス車内.jpg
16:40
立山高原バス乗車。
少しずつ標高が下がっていくのがちょっと残念。

52高原バス.jpg
16:56
標高 1930m 弥陀ヶ原到着

53弥陀ヶ原ホテル.jpg
本日の宿、弥陀ヶ原ホテルチェックイン。
夕食は順番にご案内とのことなので、連絡があるまで売店見たり、休憩することに。

54メニュー.jpg
食事時はカメラを持って行かなかったので夕食のメニューでも。
結構豪華で工夫を凝らした料理でした。

55夜空.jpg(星が見えないのでクリックして拡大してね)
夕食後、大浴場で入浴してから、外に肝だめし…ではなく星空見物に。
室堂であんなに流れていた厚い雲もすっかり無くなり、最初は月の光が邪魔でよく見えなかったが、目が慣れてくると星が見えてくる。
空が近く、空気がきれいなので、すばらしい星空が!!
早速、ミニ三脚と長時間露出で撮影してみる。
う~ん、もうちょっとしっかりした三脚とリモコンが必要ですな。

56夜空.jpg
明日に備え、早めに就寝。二日目に続く。


常滑行きミュースカイとリサイクルショップ

2011年9月3日(土)

9月中旬に旅行に行くため、準備で大忙しです。
トレッキングシューズやウインドブレーカー、カメラの予備バッテリーやSDカードなどを揃えるのに意外に金がかかってしまいました。

今日はメンバーたちと最終打ち合わせため、台風の中わざわざ名古屋の方まで。
台風12号の影響により、空港線が運転見合わせのため、特急もミュースカイも常滑行きに。
空港開港で終点駅から中間駅になってしまった常滑駅で電車が待っている光景はなんか懐かしいですな。
以前は音楽や宣伝が流れていたものですが、さすがにそれがあるわけもなく。

DSC01301.jpg

DSC01296.jpg
空港に行かないミュースカイって、君…(常滑から代行バスが出ていたそうです。)

DSC01294.jpg
星が丘から市バスに乗って「コレコーレ」というリサイクルショップに行ってきました。
店内は一階を2段フロアにしていたり複雑でなかなかの見ごたえ。

DSC01317.jpg
探していたパタパタ時計を手頃な価格で入手!

DSC01306.jpg
どうでもいい事ですが、「組成」って普通に使うんですねぇ。