So-net無料ブログ作成

標高2450mホテル立山に泊まる(2日目) [トラベル・イベント]

2013年11月1日(金)

標高2450mホテル立山に泊まる(2日目)
00_mikurigaike.jpg
みくりが池展望台からみくりが池を望む

02_DSC09018.jpg
ご来光ツアーから戻った私は部屋に戻り、なんとまだ爆睡していた同行人をたたき起こして朝食に。
こんな所まで来て早朝の散歩にも行かないなんて勿体なすぎるだろ!
朝食はバイキンケ形式でした。
食べ終わった食器を戻そうと返却口を探す同行人、貧乏性すぎ!(笑)
朝食後、荷物をまとめて出発!
このホテルにはコイン返却式の大型コインロッカーや更衣室、乾燥室があるので余分な荷物を預けて身軽になると良いです。
 
03_DSC09035.jpg
日は登りましたがまだ山々には影が。
静寂に包まれた道を滑らないように慎重に進む。
初秋なら鳥の声も聴くことが出来たのでしょう。
空気が薄いので笑っちゃうくらい息が切れちゃう。無理は禁物です。

05_DSC09055.jpg
日本最古の山小屋という「立山室堂」

06_murodoutaira.jpg 
室堂平からはるか向こうの雲海を望む。

07_tozannguti.jpg
ここからは雄山の山頂に向かう登山道。
往復4時間ほどで標高3,003mの山頂まで行けるということで時々登山装備の人が進んでいきました。
しかし、凍った道とガレ場を進むには素人じゃとても無理ということで今回は断念。
いつかは山頂まで行ってみたいですねぇ。
 
08_mikuriga.jpg
静寂と雪と氷を踏む音と自分の息切れの音を響かせてみらくる池…じゃなくてみくりが池まで来ました。
ちょうど風が無くなり水面が鏡のように山を映す奇跡的な絶景が!!
まさにみらくる池!(みくりが池です!)

09_jigokutani.jpg
地獄谷周遊コースは火山性ガスの増加により通行禁止。

10_ennmadai.jpg
エンマ台から地獄を見下ろす。

11_mikuriga.jpg
日本最高所の宿泊温泉といわれる「みくりが温泉」

12_mikuriga.jpg
せっかくなので、日本最高所の温泉に立ち寄り入浴。
熱めの良い湯でした。

13_mikuriga.jpg
食堂で昼食。

14_mikuriga.jpg
白えびチャーシューメンとゲンゲのから揚げ。

012_DSC09106.JPG
意外に時間が経ってしまっていたので、室堂ターミナルをめざしふたたび歩きだす。
行きとは違う道で行こうとみくりが池の奥?の道を進んだのですが、この道は立山室堂まで行かないと室堂ステーションに戻れないので時間が無い場合は注意!
さらに立山室堂山荘直前の急な登り坂は凍結した滑り台逆走状態で回り道も無いので注意!!

16_midoriga.jpg
みどりが池は薄く凍結していました。

17_ta-minaru.jpg
室堂ステーションに戻ってきました。
名残惜しいですが、そろそろ土産を買って帰る準備をしないと…

室堂→大観峰のトロリーバスはご来光ツアーで登場したので省略しますね。

18_DSC09206.jpg
大観峰駅の土産屋と味覚コーナーが無くなっている?

19_DSC09208.jpg
大観峰→黒部平の新型ロープ―ウエイは団体客が居たので一回見送ったら、次は貸切状態!!

20_DSC09209.jpg
しかし、落葉後で景色はあまり良くなかったのであった。
まあ、こんな景色もこの時期しか見られないので貴重ですね。

20_DSC09211.jpg
15:30頃 黒部平駅到着

22_DSC09230.jpg
なぜか楽しみにしていた屋上展望台が閉鎖中でガッカリ。
 
24_DSC09235.jpg 
16:00頃ケーブルカーで黒部湖に
急こう配のトンネル内を進む様子は大変カッコイイのでぜひ最前列でかぶりつくべし!

27_DSC09254.jpg
黒部ダムに着いた頃には山に影が落ち、日没寸前でした。
山の日暮れは早い。
冷たい強風が吹きつけていた黒部ダムが一番寒かったです。
 
28_DSC09265.jpg 
最後に抜けてきた山々を振り返る。素晴らしい景色を見せてくれてありがとう!!
やはり、下山というのは寂しいものです。

29_DSC09277.jpg
17:00頃、ガラガラの黒部ダム駅でトロリーバス最終便を待つ。

30_DSC09296.jpg
扇沢に着いた頃には真っ暗で売店も閉まっていました。
室堂でみやげを買っておいてよか1った!!

30_DSC09298.jpg
17:55最終のバスで信濃大町に

31_DSC09300.jpg
18:30信濃大町着
信濃大町駅は売店も閉まっていました。

ここからJR大糸線に1時間ほど乗って19:52松本に
一番心配だったのが夕飯の入手ですが、松本駅の売店になんとか駅弁が残っていたので購入することに成功。
すると、購入直後に売店のシャッターが閉まる!ギリギリだったなぁ!
 
あとは20:31ワイドビューしなの26号に乗車。
昼間は山間部の素晴らしい景色を存分に楽しめるワイドビューしなのですが暗くなると車窓は真っ暗で風情がありませんな。
うっかり、登山用の服装のまま乗ったので暑くてたまりませんでした。
22:24名古屋着、家に着いた頃には0時を回っていました。
 
今回は天気予報もくもり、室堂に到着したとき時もくもっていてガッカリしましたが、その後は奇跡的に天候が回復して星空・ご来光・みくりが池の絶景を見られたので とても良かったです。

また初夏か初秋ごろにぜひ来たいのですが、旅費も安くないので同行人を何度も連れまわすのも忍びない。
別の同行人を探すか(宿泊は2名1部屋からの所が多い)、ひとりで泊まれる山小屋チックなところを探して一人で行くしかありませんね。
 
さて、気軽に泊まれる所では最も標高の高いところまで来てしまったわけだが、今後はどうしよう? 
室堂に何回も来て、いろんな季節に訪れいずれ山頂に立つか?
他のロープウエイなどで気軽に行ける山を巡るか?
初心者向けの山から登山をはじめて頂上に立つ達成感を経験するか?
星空観測の名所を巡るのか?
 
最後に今回、登山用のザックに三脚とかの機材や着替えを入れて「さすが登山用!全然重くないわぁ!」と歩き回っていたのですが、翌日からひどい腰痛に悩まされました。
肩に負担が少ない分、腰に来るのね…

標高2450mホテル立山に泊まる(ご来光バススペシャルプラン編)  [トラベル・イベント]

2013年11月1日(金)早朝
ご来光バススペシャルプラン編

ホテル立山に泊まった人だけが特別便のトロリーバスで大観峰展望台から朝日を眺めることができる「ご来光バススペシャルプラン」(2000円、悪天候中止)
前日申し込みのとき「今の天気だとちょっと開催は難しいかも?」と言われていましたが5:20にモーニングコールが来た!
まあ、普段通り5:00には目が覚めているわけですが…

早速着替えて、ポケッタブルバックにカメラと三脚を入れてフロントまで行くとまだ誰もいない…遅!
しばらくすると参加者が集まってきて5:40に予定通り出発。

001_MAH00742.jpg
まだ、消灯された室堂ステーションのトロリーバス乗り場に向かいます。
すごい特別感!

002_MAH00742.jpg
特別便のトロリーバスにワクワク、今回は2台
ちなみにトロリーバスとは架線から電気をとってモーターで走るバスで電車の仲間ということらしいです。 

003_20131101054837.jpg
車内の自動放送も「ご来光ツアー」仕様でした。

004_MAH00745.jpg
大観峰駅に到着、消灯されご来光ツアーのためのスタッフ以外誰もいないなか、展望台までの階段を登ります。

005_MAH0074.jpg
展望台に到着。

006_20131101060304.jpg
日の出間近。説明によるとあと30分くらいで日の出らしいが、雲が邪魔する可能性もあるとのこと。

DSC08970.jpg
トロリーバスで貫通してきた背後の山の上の方から少しずつ光が当たって来て…

007_31101.jpg
ご来光!
残念ながらこの後すぐ雲に隠れてしまいましたが、この瞬間を目撃できただけで感動。

009_MAH00748.jpg
余韻を楽しむ間もなくすぐ撤収~
もうちょっとゆっくりしたかったところ。

008_20131101063410.jpg

010_MAH00750.jpg
特別便で室堂到着。

011_DSC08986.JPG
その足で外に出てみましたが、室堂はまだ太陽は現れていませんでした。
(この山の向こうが大観峰のほうです。)
トロリ―バスの通常運賃が片道2100円なのでお得すぎる!
立山ホテルに泊まった人だけ、しかも天気が良い時だけ参加できるという特別すぎるイベントでした。


標高2450mホテル立山に泊まる(1日目) [トラベル・イベント]

 2013年10月31日(木)

2年前に弥陀ヶ原泊で初めてアルペンルートを通リ抜けたとき、バスの時間の都合で1時間弱しか居られなかった標高2450mの最高所「室堂」。
今度はその最高所に泊まってやろうじゃないかとずっと考えていたのが今回のホテル立山に泊まるプラン。

本来、この計画は「せっかくなら旅費が高くても紅葉時期に」と10月初旬の予定だったが、同行者と休みが「合わさらへん」かったためズルズルと遅くなり、落葉後の積雪の時期になってしまいました。
もう今年はあきらめて、来年にしようと考えたことも。

結果的にはシーズンオフで旅行代金はかなり安くなりましたが、その分登山用防寒パーカなどの秋冬装備やザック、ストック、小型三脚の新調など装備面での出費が多くなりました。

そもそも予約したときは先週のちょうど2つの台風が同時来襲のときで同行者の都合で1週間延期していて助かった!
あぶないところだったわ!!

天気予報では1日目は晴れのち曇り、2日目がくもりのち晴れ
夜の星空観測は厳しい状況です。

今回は長野側からのコースで申請していたのですが座席が空いてなかったため、2年前とは逆、富山からの侵入となりました。

ちなみに今回もJTBの「ホテル立山に泊まる2日間 立山イン」を利用しています。

DSC08796.JPG

DSC08794.JPG
まず、名古屋7:50発しらさぎ1号に3時間37分間乗車して富山へ
1号にしてはちょっと出発が遅い時間で参った。
ちょっと前に知ったのですが在来線特急の車内販売が廃止されたそうですね。
車内で飲む熱いちょっと贅沢なコーヒーが好きだったので残念。
しらさぎには自販機も無いのでご注意、方向転換する米原駅停車時の8分間に買いに行く手もありですが。

DSC08798.JPG
11:27 富山着
JR富山駅から結構歩いて電鉄富山駅に到着
もう昼ですが、次の電車まで56分間しか時間が無いので立ち食いチックなうどんそば屋を探したのですが見当たらねぇ。
仕方なくドトールで軽く食事後、トイレに行ったら待合室の奥に麺処があった!おのれっ!

DSC08801.JPG
12:23発の富山地方鉄道に56分乗車して立山駅に。
前回も書いてますが旅行会社からの書類を改札に見せて入場、着駅で出るとき回収です(きっぷに引き換え無し)

DSC08811.JPG
13:25立山着、急いで旅行会社からの書類を乗車券に引き換えて、13:40発のケーブルカーに乗車。
なお、立山駅にあった「レストランアルペン」は無くなって現在無料休憩所になっています。

DSC08819.JPG
13:47美女ライダー…じゃなくて美女平に。

DSC08821.JPG
美女平周辺が現在の紅葉ピークらしいです。

MAH00735(1).jpg

ちょっと散策したいところだけど今回は先を急ぐことにします。

MAH00735(2)-のコピー-2.jpg
14:00発の高原バスに乗車。

DSC08822.JPG
環境にやさしいハイブリッドバスもチェーン装着。

MAH00736(8).jpg
落差日本一の称名滝で少し停車してくれますが、車内からではよく見えず。
それでも見たい人は左側に座るべし。

MAH00738(2).jpg
2年前にお世話になった弥陀ヶ原ホテル(標高1930m)
私が初めて星空撮影をやってみたところです。

DSC08850.JPG
曇空の下の雪山に室堂ターミナルが小さく見えてきました。
バスが登っていく中「このまま雲を突き抜けろ!」と何度も念じていましたが、それも叶わず。 

MAH00739(2).jpg
14:50 標高2450m、今回の宿でもある室堂ターミナルに到着
名古屋を出てから最速で実に7時間以上かかりました。

MAH00739(3).jpg
うどんそば屋など飲食店は15:00終了していてガッカリ。

DSC08854.JPG
缶コーヒーがなんと200円!ペット茶が250円だと!と驚くのも、もうお約束ですね。

DSC08855.JPG
早速、防寒装備して外に出てみる。
そこは凍りついた世界だった。
道の雪が凍り付いてガリガリになっていて、ストックが無いと滑ってちょっと歩くのが難しい。
だけど雪の上を歩くのなんて数年ぶりなのでワクワクしている自分に気づく。
東海地方の平野なんてここ数年まともに雪が積もったことが無いですからねぇ。

室堂平のベンチに座って、景色を眺めたり、夕焼けを狙って雲の動きを撮っていたら暗くなってきたのでホテルにチェックインすることに。
それにしても気温が低いのでバッテリーの消費が早い!

DSC08980.JPG
チェックイン時に諸注意とイベントの説明がある。
注意点は後述するとして、イベントは
1つ目は16:15からの案内付の室堂高原散策(無料・悪天候中止)
これは本日はすでに終了。
2つ目は20:00からのスライド上映会+星空観察会(無料・悪天候中止)
そして3つ目が早朝、トロリーバス特別便で大観峰に日の出を見に行く「ご来光バスツアー」(2,000円、悪天候中止)

DSC08947.jpg
日本最高所にあり、室堂ターミナル本体ともいえるホテル立山はかなり変わった構造をしているらしい。暖房も全館一括管理で部屋ごとでの調節はできないので、窓の開け閉めや補助ストーブの貸し出しで対応。
もちろん標高が高いので高山病になる可能性もあり。
(実際、軽い頭痛でバファリンのお世話になりました)
風向きによっては地獄谷から硫黄臭がするなど、注意点もあります。
硫黄臭がしてもおならの臭いじゃねぇぞ!! (笑)

DSC08881.JPG
バスなし2名部屋
なぜかベットが3つあったので撮影・防寒機材の整理に便利でした。
ソファーもベットにもなるみたいで混雑期にはこの部屋に4人泊まるのかな?
テレビはBSもばっちりHDで映ります。見る暇なんてなかったけどな!!

DSC08888.JPG
18:00から食事。
標準のアップグレードなしの食事、この後も数品来たのでこれは一部です。

食事後は星空観察が出来るか防寒装備+三脚+ヘッドランプ装備で屋上に出てみましたが、除雪した跡がツルツルに凍結していて真っ暗なスケ―ト場状態!

空を見上げると、星が見えず「ああ…」と落胆していると、次第に目が慣れてきて…

DSC08893.jpg
すごい星空!
試しに三脚据えて適当に長時間露出でシャッター切ってみると、いきなり天の川が!
周囲がほぼ真っ暗なので次第に肉眼でもはっきり見えてくる!

 DSC08895.jpg
さすがは標高2450m
新穂高、弥陀ヶ原のときと比べても段違い。
「一番星が近いホテル」とはよく言ったものです。

DSC08898.jpg
しかも月が無いという奇跡の好条件。

DSC08904.jpg
あっ!流れ星発見!肉眼では3~4個は見えました。

DSC08910.jpg
地面が凍ってなくて、もうちょっと暖かかったら、寝そべって何時間も見ていたかった。

DSC08940.jpg
真っ暗でアングルも長時間露出してみないとわからない状態でしたが、もし道が凍って滑らなかったら、みくりが池まで歩いて池に映る星々なんかも撮れたかも知れないですね。

ホテルに戻るとスライド上映をしていたので途中参加、そのあとの星空観測会では超強力な レーザーポインターを使って分かりやすい星や星座の解説。
これだけはっきり見えると俄然星座にも興味がわいてきますね。
あっ!観測会中も流れ星が!
実はこんなに流れ星って多いんですね。

部屋に戻り入浴。
ここの大浴槽は湧水を沸かしたものでさっぱりした湯。
温泉は明日のお楽しみ。
そして、フロントでご来光バスツアーを申し込み。
ホテル立山に泊まった人だけの特典なので参加しない手はないのだが、同行者は参加せず寝ているという。
5:20のモーニングコール、5:40出発、ご来光が見えそうにない場合は中止でモーニングコールはしないという。
今の天気では開催はちょっと難しいかも?とのこと。

DSC08945.jpg
ホテル立山に泊まるということは室堂駅に泊まるということ。
ふだんは混雑している室堂ターミナルの寝静まった状態を闊歩できるのも魅力ですね。

DSC08946.jpg
トロリーバスが見えます。

2日目に続く。