So-net無料ブログ作成

三島スカイウォーク [トラベル・イベント]

2018年4月28日(土)
以前、三島に来た時に気になっていた「三島スカイウォーク」に行ってみた。
とにかく富士山を望むには晴天が重要だが、GW中盤より天気が崩れるとの予報だったので、連休1日目より出かけることに。

DSC02908.JPG
こだましか停車しない三島駅に到着。
新幹線アイスが食べたかったのだが、こだまは車内販売が無いとのことでガックシ。
三島駅より前乗り前降りという変わったバスで三島スカイウォークへ(交通系ICカードは使えません)
DSC04934.JPG
さっそく、1,000円を支払い吊り橋へ
DSC04945.JPG
絶景だし、結構風で揺れるので楽しい!!
橋中央部はグレーチングになっており真下の景色も楽しめます。
DSC04955.JPG

DSC04948.JPG
吊り橋を折り返してくるころには富士山は雲に隠れてしまった。
恥ずかしがり屋さんめ。

DSC04978.JPG
DSC04975.JPG
スカイガーデンという施設があり、土産などが売っている。
吊り橋のチケットを購入するとソフトクリーム割引券が付いてくるため、入り口付近のカフェは長蛇の列ができているが、ここのソフトクリーム売場は割引券も使え、空いていておススメ。
ちょうど動物写真家の無料写真展なども開催されていて結構楽しめました。

DSC04982.JPG
DSC04985.JPG
レストランで三島ブランドカレー、カフェで流氷ソーダを頂く。
午後になると、大変混雑してきたし富士山も雲に隠れてしまったので、始発で来て正解でした。

nice!(1)  コメント(0) 

阿智村(昼神温泉) [トラベル・イベント]

2018年4月20日(金)~21(土)

DSC06926.JPG
今回は知人と名鉄バスセンターよりバスで1時間半、自称「日本一の星空」が見えるという阿智村(昼神温泉)に行って来た。

DSC06978.JPG
DSC06986.JPG
ちょうど、はなももが凄く咲き乱れ、最初は感動して撮りまくるが、正直見慣れてしまうほど。
初日は昼神温泉を一周りして地形を把握する。
DSC06999.JPG
阿智ベースや阿智神社などに行く。
コンビニもあり夜食には困らなそうだ。
DSC04904.JPG
DSC04898.JPG
ナイトツアー付きのため夕食が17:30~なので、早めに宿にチェックイン。
いつも山小屋チックな宿やビジネスホテルばかりで、部屋まで案内されたり、布団を敷いてくれるような宿は久しぶりでちょっと戸惑う。

18:00頃、宿の送迎マイクロバスでナイトツアーに出発!!
宿で寝袋やマットを貸してくれるが、芝生だし基本的な防寒着があれば特に必要は無いでしょう。
循環型ゴンドラは片道15分と結構長い。

山頂駅で待たされること1時間以上...
DSC04844.JPG
DSC07027.JPG
まあ、確かに光害は少ないのだが、月も出ている時間だし、プロジェクター投影をしているおかげで真っ暗にもならず、直前まで強烈なスポットライトで照らされていたせいで目が慣れる前に30分が終わってしまい、ちょっと期待外れだった。
まあ、一般の都会人ならあれだけの星空で満足するのだろう。
人が多いのでしょうがないのかも知れないが、ライトやフラッシュを使うようなマナーの無い人も見られた。

・待ち時間の山頂の照明は目に刺激の無い赤色に統一する。
・赤色のライトを貸したり、地面に赤色のラインLEDを設置して誘導する。
・説明の無い静かに星を見る時間が1時間以上欲しい。
・できれば、この日は22:00頃月が沈むので夜中に変更する。
・ゴンドラの山頂駅の建物が立派なのでいっそ簡易一泊可能にする。
などちょっと工夫すれは良くなるのになぁ~と思った。
あと、スタッフがNASAマーク付きの制服を着用しているのだが、許可とっているのかな?とかど~でもいいことを思ってしまったり。

ちょっと星空も満足できなかったので、宿に戻ってからフロントに入り口を開けておいてもらうように頼んでおいて月が沈んだ夜中にひとりで星空撮影に出かけた。
aDSC07402.jpg
aDSC04882.jpg
aDSC04880.jpg
光害は少ないが街灯が多く、マイカー族も夜中に走り回るのでなかなか撮影しにくい。
春は天の川がない季節というがぼんやりと捉える事は出来た。


翌朝、朝市に出かけ朝食後、昨晩ナイトツアーに出掛けたヘブンスそのはらに行くことにしたのだが、宿の送迎バスが満員とのことでタクシーを呼んでもらった。
片道30分ほどで3,000円くらい
aDSC07559.jpg
ゴンドラとリフトを乗り継いで展望台まで。
ここで星空撮影したかったぜ(無茶言うな!)
DSC07569.JPG
開放的なリフトはのんびりしていて癒されますなぁ~
帰りのバスが15:00なのでレストランで食事後すぐ下山。
タクシーを呼んだのだが、はなもも祭りで混雑していてなかなか来なかった。
ゴンドラに乗る前に早めに電話することをお勧めする。
二日目は土曜日と言うこともあり道路が渋滞していて、マイカー規制をしているスポットとの格の違いを感じてしまう。
今回の旅自体は晴天とはなもも満開に恵まれ大成功だったが、乗り換えが無いとはいえバスなので鉄道と比べると疲れるし、ひとりでも泊まれるとはいえ本格的な温泉宿が多いこと、現地での公共交通機関が無いことを考えると星空撮影も目的に行くにはあまり適していないなと感じた。
テントでもそろえてキャンプ場にでも泊まれば良いかもしれないがなかなか敷居が高い。
やっぱり、公共交通機関で行ける山頂宿をターゲットに活動して行きたい。

nice!(1)  コメント(0)