So-net無料ブログ作成

猫はふわふわ猛獣 [ねこ]

2018年4月5日(木)

家猫「ここあ」がうっかり施錠を忘れた玄関をこじ開けて脱走。

捜索の結果、外にウロウロして居るのを発見して回収しようと捕まえたら、パニック状態になっていて全力で手を引っかいたり噛みついたりしてきた。
aDSC04773.jpg
これは2~3日たって止血してかさぶたになった状態だが、結構傷が深く、久しぶりにぼたぼたと大量出血した。
とくに右手は指が曲げられず、この後炎症も起こることになった。
ふわふわの外観に惑わされず、猫も小さいながら猛獣であることを決して忘れてはならない。

nice!(0)  コメント(1) 

ねこと桜 [ねこ]

部屋から見える桜が満開で、朝のねこ撮影が楽しくてしょうがない。
猫たちも暖かくなったせいか、テンションが高くなり家中走り回って遊んでいる。
例年、桜が満開する頃は雨が降っていたが、今年は晴天続き。
冬、雪も無かったし、今年の天気はちょっと変ですね。
反動でこれからの旅行シーズンに雨が増えないか心配です。

aDSC06324.jpg


aDSC06358.jpg


aDSC06361.jpg


aDSC06394.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ししゃも捕獲作戦 [ねこ]

2017年6月19日(月)

約1ヶ月に脱走、スマカメ映像で家の周りに来ることは確認しているが、呼んでも逃げて行くししゃもを捕獲することにした。
aDSC00361.jpg
ネットで3,000円ほどの小動物捕獲器を入手、さっそく家の裏に設置してみると、見たこともない大型の野良猫が次々捕まり、そのたびにリリース、寝てる暇がないぜ!
一度、ししゃもが捕獲器に入るものの首を伸ばしてエサを食べ、踏み板を踏まないように出て行ってしまった。案外頭が良いようである。

そして、翌朝起きると捕獲器のなかで暴れているししゃもを発見。
さっそく家のなかにリリースすると、すぐに狭いところに隠れてしまった。
完全に野良猫化してしまっているみたいだ。
しばらくして家猫だった頃を思い出してくれると良いのだが…

とら回収 [ねこ]

2017年6月16日(金)

早朝4:00、家の裏の棚の下でとら発見。
名前を呼んでも出てこないので引きずり出して家になかに。
野良猫に追い回されたのか、風邪をひいて怪我もして怯えていた。
とりあえず、すぐに病院に連れて行くとまたパニックになるのでしばらく家で落ち着かせて様子を見よう。
本当によく帰って来てくれた。

とら失踪 [ねこ]

2017年6月13日(火)

ししゃもに続いてとら(たいにゃー)も失踪
朝の散歩中に逃走して出勤時刻までに帰って来なかったため、やむなく出勤。
夕方帰宅すれば家の前で待っているだろうと思っていたが居ない…
スマカメ映像を見ると出勤したわずか18分後と12:00頃、15:00頃に姿が映っているが、そのあとは全く姿を表わさない。
それから数日毎朝、毎晩探し回るが見つからず。
なぜ、仕事に遅れてでももう少し待たなかったのか。
なぜ、昼休みに無理してでも一度家に行かなかったのか。
大後悔である。
2匹も失踪させていては、飼い主失格である。

ししゃも失踪 [ねこ]

2017年5月17日(水)

朝、家の扉を開けた隙に「みーこ」と「ししゃも」が外へ脱走。
「みーこ」を捕まえている間に「ししゃも」は野良猫を追っかけて消えしまった。
sDSC01814.jpg

それから数日間探し回っているが見つからない。

さすがに家の中で暮らしていた猫が1週間以上外で活動するのは難しいだろう。
野良猫やカラスにやられた可能性もあるが、他人の敷地や廃屋の中まで探し回るわけにはいかない。
これほど一瞬の不注意を悔やむことはないだろう。

「みこ」退院 [ねこ]

2016年12月19日(月)

aDSC09662.jpg
1週間入院していた「みこ」が退院できる事になった。
会計で何十万円もの現金を支払うのは、葬儀の時以来の体験だ。
幸い検査の結果、内臓には異常が見受けられないと言うことで、経過観察で少し通院すれば今まで通り元気に暮らせそうで良かった。

帰宅して、生まれてからずっといっしょだった仲良し姉妹猫「すずめ」が対面したら、毛を刈られてプロポーションが変わってシワシワ、消毒薬で匂いも違うのか「キャー!知らない動物アニマルが来たわ!」と短いしっぽを太くして思いっきり警戒していた…(笑)

「みこ」自体は元気で、病院では食べなかったというフードもよく食べ、たいにゃーお兄ちゃんと走り回っている。
走り回ると血行が良くなり刈った部分がピンク色になって、また「すずめ」が「キャー!知らない動物アニマルが来たわ!」と警戒してしまうのだった…(笑)
はやく、ふわふわの毛並みに戻ってほしいものだ。

aDSC01047.jpg
参考資料:すずめ嬢、小柄でたれ目で可愛い顔して結構気が強い
「みこ」がボケ、「すずめ」がツッコミって感じ


みこ入院 [ねこ]

2016年12月19日(月)

うちの猫、みこの呼吸が荒いので午後から急遽病院に連れていくことに。
しかし、かかりつけの病院行ったら診察は午前中と夕方だけで閉まっていた。先生にも連絡が取れなかったので、近所の動物病院数件にも行ってみたがどこも同じ状況。
仕方ないので、知人に半田市の大きな動物病院を紹介してもらい、時間外で診察してもらった。
診察の結果、膿の混じった水が溜まっており、抜いた後洗浄に1週間から10日程入院する必要があるという。
各種検査の結果では腎臓や肝臓などの内臓に異常は認められず、この点はとりあえずは一安心。
ただ、このみこは生まれた時から姉妹猫と一心同体で生活していたので、一匹での入院に耐えられるか心配である。
費用の方も結構かかるが、撮影機材や電化製品を売却したり、年末年始に稼いでなんとかしよう。
とにかく早く回復して欲しい。


恐怖!ノミの大繁殖! [ねこ]

2016年9月17日(土)

今年はもう大丈夫と思っていたら、いきなりノミが大繁殖!
人間の足にも黒い点が複数付いていたのでガムテープで取ってみるとノミだった!かゆい!かゆい!

猫も季節の変わり目で風邪気味なので動物病院にノミ駆除スポットと薬を買いに行ってきた。
うっかり2匹ほぼ同時にスポットしたら、なめてしまったらしく「すずめ」が泡のような涎を出して奇声を出していて焦る!
すぐに先生に相談したら、しばらくしたら収まるだろうから様子を見るようにとのこと、一晩経ったら普通に暴れていたので一安心!
多頭飼いの場合は1匹ずつ日を変えてスポットするべし!(乾燥してしまえば影響は少ないらしい)

さて、いまは完全室内飼いなので昔のように布団は干して全猫外に出して家中一気にバルサン焚く訳にも行かない。
どう対策するべきか?
とりあえず、ダニ退治スプレーと毎日の掃除機で何とかならないものか?


きじた脱走 [ねこ]

2015年7月2日
2年ほど飼っていた「きじた」(去勢済)が連続で布団の上に小便をしたので激怒したら、雨の中脱走してしまった。
1回、外で見かけたが私を見ると逃げてしまい、その後姿を見なくなってしまった。
やはり、飼い主も2人以上居て、ひとりが怒ったらほかの飼い主が味方してあげないと逃げ場がなくなるのだろう。人間の子供と同じである。
幼獣で保護したほかの5匹と違い、「きじた」はある程度大きくなってから兄が保護した猫で、家の中でも「ししゃも」とマジ喧嘩していた。
帰って来ればもちろん保護するが、ほかの飼い主を見つけたり野良で自由に生きて行けるならそれも良いかと無理やり納得することにした。
DSC00048.JPG